犬の口臭でお困りの飼主さんの体験談

愛犬の口臭の悩み、対策、改善方法、サプリメントなどをご紹介。

犬の口臭の原因は歯周病?愛犬のために飼い主ができること

今や家族の一員として可愛がられているペットですが、愛犬を抱っこした時に、口臭が気になったりすることはありませんか。

もしかすると、それは病気の前兆の可能性があります。

犬の口臭の原因は、ほとんどの場合口腔内の異常によって起こります。

歯石や歯垢、歯周病などの疾患があると、人間と同じで犬の口臭はひどくなります。

歯石がついたままにしておくと歯周病や歯肉炎となり、ひどくなると歯がグラグラして抜け落ちて食べ物が食べられなくなることもあります。

治療となると時間もかかり、最悪の場合には大掛かりな手術になったりもします。

大事なことは、定期的なブラッシングです。

子犬の頃から習慣づけて、飼い主が愛犬の歯磨きをしてあげることで、歯や歯茎の状態も常にチェックすることもできます。

ペットは自分で訴えることもできないし、特に歯周病は痛みや自覚症状がないまま進むことが多い病気です。

可愛い愛犬のためにも、日頃から飼い主が心がけることが大切になってきます。

その他、犬の口臭の理由としては、低品質な食料を口にしている場合も原因になることがあります。

そういう場合は消化不良を起こしている可能性があるので、消化酵素が含まれたサプリメントなどをあげるのも良いでしょう。

ペットの口臭のほとんどは口腔内の異常によるものですが、中には内臓に何らかの疾患を抱えていることが口臭がひどくなる原因になることがあります。

愛犬の健康状態をきちんと把握しておくことは飼い主としてとても大事なことです。

>>> 獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」の詳細はこちら

犬の口臭は歯周病が原因、ぜひ獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」をお試しください

獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」

コンパニオンアニマルとも呼ばれるように、ペットとしている犬たちは今や家族の一員として扱われるようになりました。またその生活が人間のものに近づいていることも、さまざまな病気にかかる一因になっています。

人間がかかる多くの病気に、犬もかかるようになってきましたが、歯周病もその一つです。

人間の歯周病と同じように、症状が進めば歯が抜け落ちてしまうことになりますが、3歳以上の多くの犬がかかっていると言われています。

歯周病にかかっているかどうかは、歯の外見だけでなく、犬の口臭の有無で判断ができます。

何気なく近付いた時に、犬の口臭が気になったら、歯周病にかかっている可能性があります。

歯の表面に付いた歯垢が最近の住みかとなり、口臭が発生します。そしてだんだんと歯石が増えるようになり、歯肉炎も発症するようになります。こうして歯周病が進行すると、人間の場合と同じように、ついには歯を失うことになってしまいます。

歯が無くなると、おいしく食べることができなくなってしまうばかりか、健康を維持することも難しくなります。

そうならないうちにぜひ使用したいのが獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」です。

犬の口臭を防いでくれるだけでなく、腸内環境も整えてくれるため、お口とお腹の健康をサポートしてくれます。

また服用しやすいよう、飲みやすい味付けになっているため、飲ませやすいのが獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」の特徴です。

いつまでも愛犬が健康で過ごすことができるよう、ぜひ獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」をお試しください。

>>> 獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」の詳細はこちら

ペットや愛犬の歯周病対策と犬の口臭予防

アメリカやヨーロッパなどの先進国に次いで日本でも、数年前からペットブームなどという言葉が流行った程、ペットを飼う家や愛犬や愛猫たちと一緒に入れる飲食店や温泉が数多く存在するようになってきましたが、ペットも家族と同様にいつまでも健康でいてほしいものですが、人間の生活習慣病などと同じ様に食生活や生活スタイルの変化から、様々な体調不良を引き起こすペットたちも少なくありません。

その中でも、愛犬の歯周病に悩んでいる方が増えてきましたが、その原因として考えられる事は、口の中の衛生状態が悪くはの間に挟まった食べカスや、歯の表面に付いた歯クソを栄養源として細菌が繁殖し、その細菌は歯垢と呼ばれる目に見える固まりになり、周囲の組織に炎症を起こしますので、犬の口臭が気になりだしたら歯周病の可能性が高いです。

これを防ぐ対策としては、ウェットフードの様な柔らかいて粘着度の高い物ばかり食べささず、歯応えのある硬い物を与えたり、食後の歯磨きをするなどが挙げられます。

犬の口臭と歯周病には他の原因もあり、加齢と小型犬という要素も大きく影響しています。

加齢は全ての生き物に共通ですが小型犬に関しては、病的な歯周ポケットの増加と歯の固定度の弱化から6歳位から、歯周病にかかり易くなってしまいます。

こちらも対策法としては、子どもの頃からのデンタルケアが重要になります。

歯周病の症状には様々なものがありますが、犬の口臭が1番わかりやすいサインですので、この症状がでると飼い主や周りの人にも不快感を与え、何より大切な愛犬自身が辛い思いをしますので、早めの予防と対策が必要です。

>>> 獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」の詳細はこちら